知床斜里へ

主人の妹リコさん家族を訪ねて、北海道斜は知床斜里へ行ってきました。
知床の自然や野生動物達には本当に感動。
ここには冬は流氷が接岸し、栄養分に富んだ海と山。熊が海と山を行き来するのはここ知床だけだそうで、秋には産卵を控えた鮭を仕留める熊がみられるとのことです。
緑も海も光も澄み渡り滋養に満ちて、力をもらって来ました。

動物達が生息する場所ですから、人間には暮らしやすい場所ではないけれど、
ここで、冬の寒さや時に感じるであろう孤独を辛抱して生活していくことや、動物を研究し保護したりする活動は、未来を作る大切な活動なんじゃないかと思いました。
リコさん、タカヒロさんを心から尊敬し、応援しています。

e0129339_1358249.jpg

↑博物館に保護された、迷子になったクラカケアザラシの赤ちゃん。妹のご主人は博物館の学芸員なので、特別に見せてもらいました。アザラシのあかちゃんの寂しさが伝わったのか、娘はお腹が痛くなってしまいました。
e0129339_1359791.jpg

↑動物達、草花達、山さん海さん、みなさんお邪魔いたします。
e0129339_13593897.jpg

↑川辺の鹿さんたちのお昼寝スポットへ。ここは秋には熊が現れます。
e0129339_1402274.jpg

↑キツネがくわえているのは蛇でした!おうちへ急げ急げ!
e0129339_141580.jpg

↑↓佐伯農場。ギャラリーなどもあり、なんかセンスがいい!天然酵母パンやチーズケーキを買いました。
e0129339_1415210.jpg

[PR]
by mamimi_aroma | 2010-06-01 14:44 | たわいない話
<< トホホ 個性がキラキラ >>