巨大もぐら

e0129339_13583197.jpg

おうち遊びの時間が増え、昨日は友人宅で大阪のいとこからの救援物資?豚まんを頬張り、子供たちはクッキー作り。
友人はもう来月第2子のお産を控えています。いつもぶれなくて強い人。お腹の赤ちゃんも穏やかなんだろうな。

子供たちが、地震以来不安になっているというニュースを聞きました。
うちの子も、夜中歯ぎしりするようになったり、トイレも一人で行きたがらなくなったり…。
ニュースや報道番組はほとんど見せてないけど、親達の会話や態度から察しているようす。わたしも血眼でネットニュースにかじりついたり、友達と長話したり…子供の心に向き合って居ない時間があるのかもしれません。

娘は良く聞きます、
「地震はなんで起こるの?」
「土の中に大きなもぐらが住んでて鬼ごっこしてるみたいよ。」
「波はなんで来るの?」
「巨大なクジラが海で海水浴してるみたいよ。」
今はこれでいいかなって思う。

自然がやったことだから、意味がある。
過酷な運命を課せられる人ほど、神様からみて将来有望な人材だから。
被災地の方たちの、毅然とした姿を見て、本当にそうだなって思った。
大きくみて日本にいるわたしたちも被災者として、鍛えがいのある民族なんだと思う。

協力する力、万物に感謝する心、祈る力…。もう一度感じてみようと思う。

お母さんという生き物として出来ることは…
野菜を洗う時、綺麗になれ!と祈りながら洗う。
皆の栄養になりますようにって調理する。
ご飯食べるとき、命を頂きますと感謝する。
背筋を伸ばして、細胞を元気づけて生活する!
尊敬する人たちから皆、教えてもらってきたことばかり。
。今こそ実践するときだと感じます。

地中の巨大もぐらにさえ感謝できる日が来ますように。
[PR]
by mamimi_aroma | 2011-03-21 13:58 | たわいない話
<< 真実はどこに? 続・魔法の小瓶 【カモミール・... >>