茅ヶ崎市冬のアロマセラピー講座

e0129339_9514382.jpg

今日は朝から茅ヶ崎市のアロマセラピー講座でした。
諸事情により車で行くことにして、朝は念のため二時間前に出ることに。
下の娘を、いつもよりだいぶ早く幼稚園バスに乗せるため、朝はバタバタでした。
気付けばこの寒波到来の日に、娘にコートを着せてないことな気づいた時は、時すでに遅し。

幸い少し早めに茅ヶ崎に着いたので、西浜を散歩しました。
茅ヶ崎から見える富士山は本当に美しい。砂まみれになりましたが、数ヶ月分の海からのエネルギーをチャージできました。

講座の実技では化粧水作りを行い、それに関するお話もさせていただきました。

肌には、油分が一番大切で、皮脂に近い成分のホホバオイルがとても役立つということ。

肌は、心や身体、環境の鏡であり、
アロマセラピーの化粧水は、肌だけでなく、心も身体もバランスをとるということ。

又、市販の乳液状のクリームや、化粧水、美容液の多くには、皮膚のバリアゾーンを破壊する恐れのある界面活性剤が乳化剤として使われていることなど、お話ししました。

皮膚のバリアゾーンが破壊され、修復する力をなくしたお肌の方は、肌荒れ、乾燥、痒みに悩まされることになり、また強い保湿剤を使う、、、という悪循環に陥りがち。
今日作った化粧水は、自分で皮脂を出す力を引き出すものです。
無人島でも、健康でいられるお肌をめざしましょう(*^^*)

この講座は、ここ数年、リピーターの方が増えてきました。
お話もマンネリ化しないように、また来年に向けて、香りのある生活を深めるアイディアを探してみたいと思います。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

因みに、コートを忘れた娘は、帰り無事に⁈半袖で帰って来ました。^ ^
[PR]
by mamimi_aroma | 2014-12-02 22:38 | Seminer
<< 文教大学アロマテラピー講座 臨床心理士会アロマ講座 >>