こどもの風邪

娘が産まれてから自分の生活習慣で大きく変わったことは
朝ごはんが和食になったことと
お医者さんに行くようになったことです。

自分の不調は大体自然療法で改善できるのですが、
子供のからだのことは、知識もないし、頼りになる物知りなおばあちゃんもすぐそばにはいないので、
お医者さんの話しはとっても勉強になります。
私が通っている小児科は、5人の子供を育てたという還暦くらいの女医さんなので、
ママの大先輩の意見を聞くすーーと心が落ち着くのです。
ちなみに薬はそのときの判断で、飲ませたり飲ませなかったり。

実は、今週月曜から娘が40度前後の熱を出しました。
おしゃべりな子がぐったりして、なんとも痛々しい光景・・・。
また女医さんに診てもらってから、自分で出来きる手当てをしてみました。

熱のあるときの手当て
お湯をはったたらいにラベンダーを2滴。よくかき混ぜてガーゼを浸しよく絞って、からだを拭きます。
清潔にする意味もありますが、穏やかな解熱作用があるので、首や背中、脇、などを重点的に優しくこすります。
やはり、楽になるみたいで、表情が出てきました。
比較的早く熱は下がりました!

しかーし、静かな時間もつかの間、熱が下がると呼吸が苦しいらしく、超不機嫌でママもぐったり。看病も結構ストレスなんですよね。

呼吸器の不調の手当て(ママのストレスの手当て?)~
お部屋をあたため、お部屋にユーカリとレモンの精油をアロマライトでたきます。
ホホバオイルを手で温めて、背中に塗布。
上から下に、ゆっくりゆっくり、じっくりじっくりマッサージ。
マッサージには言葉はいりません。
子供もまったり気持ち良さそうです。
赤ちゃんの可愛いお肌に触れているとママも心がゆったり落ち着きます♪

あーなんとか復活してきました。
明日から、ちょっとした旅へ行って参りまーす♪

☆いつもやられっぱなしなんで、ちょっと平和なタントです。
e0129339_0142094.jpg

[PR]
by mamimi_aroma | 2008-06-06 00:14 | たわいない話
<< 北海道へ 家は住む人そのもの >>