ベビーマッサージ

うちの娘はベビーマッサージが大好きです。
大体は、お風呂上りに、はだかん坊のままお座りをさせて、背中からマッサージします。
普段はお転婆の娘ですが、このときばかりは、クマのぬいぐるみのように座ったまま動かなくなってしまいます。なんとも可愛い姿です。

どんなときにやるかというと、
風邪のひきはじめ、便秘や下痢のとき、疲れたときや、いつもよりぐずる日など、あとはなんとなく気が向いたときです。

あかちゃんは触れられるのが大好き。
マッサージの時、ママの手の温もりや感触は、あかちゃんを深い安心感へと導き、愛されていることを肌から感じ自信をもたらします。そして、さすることは、血行を良くし免疫を高め、体を丈夫にします。
私たち人間は言葉の世界にいるけれど、マッサージは言葉のない世界。言葉が無いとママもあかちゃんも肌を通じていろんなことを感じようとします。
普段気が付かないお互いの体調や、気持ちに気が付いたりするものです。

いろんなやり方がありますが、マッサージのコツは「ゆっくりとやさしく」、そして「手を密着」させて「円を描きながら擦る」ことです。背中が一番広い部分ですのでまずは背中からトライしてみても!
あとは、あかちゃんのことはママが一番知っているはずなので、ここかなっと思う場所を丹念にマッサージしてみてください。

はだかん坊で過ごせる暑い季節がやってきました。ベビーマッサージをしてみてはいかがですか。

ー用意するものー
○植物油20ml  ホホバオイル・スイートアーモンドオイル・太白ごま油のいずれか。
○精油 一滴   ラベンダー・ローマンカモミール・ローズのいずれか。
 ※3ヶ月までのあかちゃんは精油を用いず植物油のみで
○バスタオル
○ティッシュ

ー手順ー

①植物油に精油を一滴入れよく混ぜます。
②あかちゃんを、バスタオルの上にお座りさせて、おもちゃなどを持たせてもいいと思います。
③オイルを手で温めて背中に大きく円を描くようにマッサージします。
(片手であかちゃんを支えて、聞き手でマッサージするとやりやすい)
④腕や手も円を描くようにクルクルしながらさすります。
⑤胸やお腹、足も同様に円を描きながらゆっくりマッサージ。
⑥あかちゃんが飽きてしまったら、途中でもおしまいにします。ティッシュでオイルを軽くふき取って、おしまいです。余ったオイルは遮光瓶に入れて、一ヶ月以内に使い切ります。

ー精油のあかちゃんへの効果効能ー
○ラベンダー:なれない環境で疲れたとき、眠りが浅いとき、寝つきが悪いとき、風邪のとき
○カモミール:甘えん坊で仕方ないとき、ぐずるとき、興奮して寝ないとき、下痢や便秘のとき
○ローズ   :寂しがるとき、咳が出るとき、食欲が無いとき(ありすぎるとき)、便秘や下痢の時

 ※特に症状が無ければ、精油を用いないか、この3つからママのピンと来た香を選びます。
e0129339_2202938.jpg

☆今日は愛犬の誕生日。お祝いに海へ連れて行きました。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-07-06 14:03 | たわいない話
<< 精油のコラム 虫除けレシピ  >>