ホメオパシーにはまりそう!

e0129339_23422434.jpg

ずっと気になっていたホメオパシー。
でも、長年仕事で精油を沢山使う毎日だったので、なかなか手が出せませんでした。

ホメオパシーは同種療法のこと。
毒には毒を・・・という考えの下、植物や鉱物の成分を希釈したものを砂糖の塊にしみ込ませ、摂取するものです。
熱があるときは熱を上げる作用のモノを使い、毒だしには毒を使い、自己治癒力を活性化し症状を好転させる自然療法です。肉体~精神すべてに働きます。

基本的には、精油との併用が出来ず、保存も精油と離して保存しなければなりません。理由は精油が微細なホメオパシーのレメディー(薬)の効果を消してしまうから。
なので、一年じゅう血液中に精油がグルグルまわっていた私は使えなかったのです。

ヨーロッパではポピュラーな自然療法ですが、日本ではここ数年、女優のともさかりえさんが使っているとかで、だんだん普及してきました。

今日茅ヶ崎にお住まいのホメオパスさん(ホマオパシー専門家)から、レメディーの基本キッドを購入する日でした。
タイミングよく?娘が昨夜から熱を出していたので、ホメオパスさんに相談すると、風邪症状のレメディーの中から「ポースティーラー」を勧めてくださいました。

これが又すごく娘に合っていて驚きです。
そのレメディーについて調べると、甘えん坊でお目目のパッチリした子に適していて、その子が自立に向かう際に助けになるものみたいです。
例えば、子供は保育園や幼稚園に行き始めると、はじめは風邪を引きやすくなりますが、
それは、子供同士がウイルスをもらうからだけでなく、子供が母親から離れる際の自立に向かう準備を心と体がしているとのことです。

娘はちょうど先週から卒乳しました。でも妙に聴き訳がよくて、親も拍子抜けしていたところ、
やはり、彼女の心身は一杯一杯だった様子。
その反応が風邪として出たみたいです。
そのレメディーを飲むと、ほとんど口にしなかったおっぱいの話をしだしたり、甘え方もストレートになりました。そして熱は安定しています。

この風邪の後は一回り大きくなるのかな。
病気はそのときは悪者だけれど、成長させてくれるものなんだと改めて思いました。


購入先:http://www.homoeopathy.co.jp/index.html
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-05 23:42 | たわいない話
<< 続報 アロマとホメオのタッグ!! お産カーニバル >>