カテゴリ:たわいない話( 56 )

日本の美しい夏

e0129339_1394310.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
久しぶりの更新になってしまいました。
先日は家族で逗子の花火大会へ。(花火の写真。これってドラえもん?)
娘は大きな目を見開いて夏の夜空に咲く花に釘付けになっていました。

日本の夏は風流で大好きです。
茅ヶ崎も先日、浜降祭がありました。海へお神輿が入りみそぎをするお祭りです。
いつも神が側にある日本の四季ですが、なんでも日本には江戸時代まで宗教と言う言葉がなかったそうです。
それは 日本人が 万物、自然に神を感じ それ感謝して生きる民族だからなのでしょう。
ふと最近思い出したことがあります。
私の仕事であるアロマセラピーはヨーロッパで盛んな自然療法ですので いつか イギリスなどで勉強をしたいと言う夢がありました。
そんな夢を アロマのお客様の一人だった、ドイツでシュタイナー学校の先生をされていた方にお話をしたら、
日本人は もともと繊細で感の鋭い民族だから、ヨーロッパに行くと 理論と感性の狭間で苦しむわよ。とご自分の経験を話してくださいました。
それからは理論の上にある自分の感じることを大切にしようと今日までやってきました。型にはまる努力よりも、仕事でも育児でも自分の感性や自然の導きを信じていきたいな…。
そんなことを美しい夏の日々から感じる今日この頃です。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-08-02 13:09 | たわいない話

いいお産のすすめ

e0129339_12282797.jpg


妊婦さんが薪割りをしている写真や映像を見たことがあるかもしれませんが、
そこは、愛知の吉村医院「お産の家」というところで、江戸時代の住宅でその頃の食事や生活スタイルの中でお産を迎えるというユニークな産婦人科です。
春のワークショップにこちらの助産婦さんがお越しくださったご縁で、昨日は東京で吉村先生の貴重な講演を聴いて来ました。

自然なお産とは医者の介助がほとんど必要なく、お産婆さんと産婦そして家族で陣痛という自然の力のみで生まれるお産。
その大切さは、とても奥深いものでした。

自然の力だけで産まれた赤ちゃんは、産まれた直後あまり泣かないそうです。
おかあさんと自分、そして神(自然)のちからで出てきたあかちゃんは恐怖やストレスがとても少なく生まれてくるから。(吉村先生はよく神と言う言葉を使われます)
だから、産まれてすぐ、お母さんのお腹の上で寝息を立てて寝てしまうあかちゃんも多いそうです。
産まれてすぐに、「見る聞く香る、そして感じる世界」が、あたたかく安心で希望を感じらるなんて、本当に素敵なことです。

そして、出産を終えた直後のお母さんの顔は、痛みでゆがんだり、疲労でやつれているどころか、観音様のような顔をしています。それは立ち会ったお父さんも同じ。
このときお母さんの脳からは動物的本能から子供を慈しみ育てようと言うホルモンが自然と出始めるのです。

それが意味していることは、このお産と言う流れは、一人の女が母になるためのたくさんの準備を神がしてくれていると言うことです。
誰に教わらなくとも、どの動物も自らのすべてをかけて育児をするのはこの出産と言う流れの中に神からのギフトがたくさんあるからなのです。

私は元々根っからの子供好き・・・とはいえませんでしたが、
娘が生まれてから、そんなに人の手も必要を感じず、育児そのものがとても楽しいのです。出来るだけ一緒にいたいし、本当に可愛くて仕方ないのです。
それを人に話すと、偉いね~とか、珍しいものを見るように言われることもあります。
私は30過ぎて産んだからかな・・・なんて思っていましたが、昨日の話を聞いて、私は幸運なことに、出産を通じて神からたくさんのギフトをもらっていたからだと改めて気が付きました。
人間はそもそも、生きているというより生かされているんだということを出産を通じて確信できたように思いました。

これからご出産を迎える方がいたら、この本をおすすめします。
色々な価値観があると思います。
吉村先生はお産に関して、医療的な介助は一切必要なともおっしゃっており、それは一つの極論ですが、命を掛けてこのお仕事に従ずる先生は社会へたくさんの問題提起を使命としてお持ちなんだろうと思いました。

医療的介助が必要なお産もあるし、わたしも又赤ちゃんを産むときがあったら、そうなる確立はゼロではありません。あかちゃんの命に関わることだったら私はきっと介助を求めると思います。
でも、もし出来ることなら、神からのギフトをもらって子育てをする素晴らしさ、楽しさ、ある意味の楽さを又感じてみたいと思いました。

出産というはじめの一歩が、その子の人生や家族、これからの日本の未来を左右するという吉村先生の壮大なお話に、女として生まれてきたことの大きな役割を感じた一日でした。

珍しく長くてすいませーん。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-07-14 12:28 | たわいない話

ベビーマッサージ

うちの娘はベビーマッサージが大好きです。
大体は、お風呂上りに、はだかん坊のままお座りをさせて、背中からマッサージします。
普段はお転婆の娘ですが、このときばかりは、クマのぬいぐるみのように座ったまま動かなくなってしまいます。なんとも可愛い姿です。

どんなときにやるかというと、
風邪のひきはじめ、便秘や下痢のとき、疲れたときや、いつもよりぐずる日など、あとはなんとなく気が向いたときです。

あかちゃんは触れられるのが大好き。
マッサージの時、ママの手の温もりや感触は、あかちゃんを深い安心感へと導き、愛されていることを肌から感じ自信をもたらします。そして、さすることは、血行を良くし免疫を高め、体を丈夫にします。
私たち人間は言葉の世界にいるけれど、マッサージは言葉のない世界。言葉が無いとママもあかちゃんも肌を通じていろんなことを感じようとします。
普段気が付かないお互いの体調や、気持ちに気が付いたりするものです。

いろんなやり方がありますが、マッサージのコツは「ゆっくりとやさしく」、そして「手を密着」させて「円を描きながら擦る」ことです。背中が一番広い部分ですのでまずは背中からトライしてみても!
あとは、あかちゃんのことはママが一番知っているはずなので、ここかなっと思う場所を丹念にマッサージしてみてください。

はだかん坊で過ごせる暑い季節がやってきました。ベビーマッサージをしてみてはいかがですか。

ー用意するものー
○植物油20ml  ホホバオイル・スイートアーモンドオイル・太白ごま油のいずれか。
○精油 一滴   ラベンダー・ローマンカモミール・ローズのいずれか。
 ※3ヶ月までのあかちゃんは精油を用いず植物油のみで
○バスタオル
○ティッシュ

ー手順ー

①植物油に精油を一滴入れよく混ぜます。
②あかちゃんを、バスタオルの上にお座りさせて、おもちゃなどを持たせてもいいと思います。
③オイルを手で温めて背中に大きく円を描くようにマッサージします。
(片手であかちゃんを支えて、聞き手でマッサージするとやりやすい)
④腕や手も円を描くようにクルクルしながらさすります。
⑤胸やお腹、足も同様に円を描きながらゆっくりマッサージ。
⑥あかちゃんが飽きてしまったら、途中でもおしまいにします。ティッシュでオイルを軽くふき取って、おしまいです。余ったオイルは遮光瓶に入れて、一ヶ月以内に使い切ります。

ー精油のあかちゃんへの効果効能ー
○ラベンダー:なれない環境で疲れたとき、眠りが浅いとき、寝つきが悪いとき、風邪のとき
○カモミール:甘えん坊で仕方ないとき、ぐずるとき、興奮して寝ないとき、下痢や便秘のとき
○ローズ   :寂しがるとき、咳が出るとき、食欲が無いとき(ありすぎるとき)、便秘や下痢の時

 ※特に症状が無ければ、精油を用いないか、この3つからママのピンと来た香を選びます。
e0129339_2202938.jpg

☆今日は愛犬の誕生日。お祝いに海へ連れて行きました。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-07-06 14:03 | たわいない話

虫除けレシピ 

e0129339_22341267.jpg


梅雨が明けると、もう海開きですね。
私は夏が大好きです。
春までは紫外線を気にしていますが、肝心の夏になると太陽を追いかけなら暮らしているような感じです。お陰でシミは増える一方ですが、懲りません。

夏は野外でのレジャーの季節ですが、虫刺されがつきものです。
多少の虫刺されは、夏の風物詩ですが、免疫の弱いあかちゃんにはなかなか痕が消えず深刻です。
そしてタント(柴犬)にとっても蚊は伝染病を運んでくる害虫です。

市販のケミカルな虫除けは殺虫効果も高く、確かに効き目はありますが、
皮膚を通して、薬品が体内にたくさん吸収されることを考えると、子供や犬に使うのはためらいます。

植物は自らを害虫から守る力を持っていて、それがアロマセラピーで使用する精油に含まれています。
毎年色々レシピを変えて作っていますが、今年はあかちゃんへの安全性を重視して作ってみました。
レシピは以下の通りです。(大人用を作る場合は精油の量を倍に増やしてください。)


虫除けスプレー2008

ー用意するものー
遮光スプレー瓶(50ml)
精製水      45ml
消毒用エタノール 5ml
ラベル

ー用意する精油ー
ゼラニウム   
ユーカリラディアータ
レモングラス
シトロネラ
ラベンダー

ー作り方ー
①スプレー瓶にエタノールを入れ、用意した精油を各一滴ずつ入れよく混ぜます。
②精製水を注ぎ蓋をして良く振って出来上がり。
③ラベルに入れた精油、作った日の日付を書いて瓶に貼ります。

ー注意ー
・効果を上げるためには、頻繁にスプレーします。
・2ヶ月以内に使い切ってください。
・新生児や肌の弱いお子さんは洋服にスプレーしてください。

ー補足ー
・精製水、エタノールは薬局で売っています。
・遮光瓶はアロマショップやハンズやロフトなどでも販売しています。
・なお、私はこちらのメーカーから精油など購入しています。高品質のわりにお値段がお手ごろです。
参考までに・・・。
 http://www.e-conception.org/aromsale/aromsale.html

茅ヶ崎近辺の方は虫除けスプレーや遮光瓶、精油などをお譲りすることも出来ます。
お問い合わせください。
mamimi_aroma@ab.auone-net.jp
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-06-29 22:34 | たわいない話

北海道へ

旅から帰ってきました~。
北海道は富良野まで義理の妹の結婚式に行って来ました。
看病のかいあってか、娘もなんとか回復して念願の旭山動物園にも!
噂通り 旭山動物園の動物たちは みんなのびのびとしていて 沢山元気をもらいました。

わたしが小学校の卒業文集に書いた将来の夢は、イルカの調教師か ムツゴロウ王国で働くことでした。
でも物心ついたころからは人間のエゴを感じてしまい、動物園から足が遠退いていましたが
友人のおじいちゃんが上野動物園でその運営に携わっていた時の話を聞いて、
動物園の多くは動物の保護や繁殖をメインに行っていることを知りました。

山を愛する義理の妹のご主人になった方は、ヒグマやテンの研究をしている方です。
テンはイタチのような動物で 北海道に生息するようです。
彼は動物の研究のため何日も山にこもって生活することもあるそうです。

北海道の長い長い冬は動物にも人間にも決して優しくはありません。
自然に敬意をもち、それを受け入れながら共存する、「命の力」を人や動物、北海道の自然から感じた旅でした。

富良野の雨上がりの香り
  マイナスイオンがいっぱい
・ベチパー :木の根っこの香り。
・ラベンダー :これぞ北海道!。
・シダー:ヒノキの香り。

e0129339_2304428.jpg

白くまは泳ぎがうまい!
e0129339_2304735.jpg

ナイスポーズです。
e0129339_2304988.jpg

夜行性につきバク睡中のトラをしたからのぞき見。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-06-10 23:00 | たわいない話

こどもの風邪

娘が産まれてから自分の生活習慣で大きく変わったことは
朝ごはんが和食になったことと
お医者さんに行くようになったことです。

自分の不調は大体自然療法で改善できるのですが、
子供のからだのことは、知識もないし、頼りになる物知りなおばあちゃんもすぐそばにはいないので、
お医者さんの話しはとっても勉強になります。
私が通っている小児科は、5人の子供を育てたという還暦くらいの女医さんなので、
ママの大先輩の意見を聞くすーーと心が落ち着くのです。
ちなみに薬はそのときの判断で、飲ませたり飲ませなかったり。

実は、今週月曜から娘が40度前後の熱を出しました。
おしゃべりな子がぐったりして、なんとも痛々しい光景・・・。
また女医さんに診てもらってから、自分で出来きる手当てをしてみました。

熱のあるときの手当て
お湯をはったたらいにラベンダーを2滴。よくかき混ぜてガーゼを浸しよく絞って、からだを拭きます。
清潔にする意味もありますが、穏やかな解熱作用があるので、首や背中、脇、などを重点的に優しくこすります。
やはり、楽になるみたいで、表情が出てきました。
比較的早く熱は下がりました!

しかーし、静かな時間もつかの間、熱が下がると呼吸が苦しいらしく、超不機嫌でママもぐったり。看病も結構ストレスなんですよね。

呼吸器の不調の手当て(ママのストレスの手当て?)~
お部屋をあたため、お部屋にユーカリとレモンの精油をアロマライトでたきます。
ホホバオイルを手で温めて、背中に塗布。
上から下に、ゆっくりゆっくり、じっくりじっくりマッサージ。
マッサージには言葉はいりません。
子供もまったり気持ち良さそうです。
赤ちゃんの可愛いお肌に触れているとママも心がゆったり落ち着きます♪

あーなんとか復活してきました。
明日から、ちょっとした旅へ行って参りまーす♪

☆いつもやられっぱなしなんで、ちょっと平和なタントです。
e0129339_0142094.jpg

[PR]
by mamimi_aroma | 2008-06-06 00:14 | たわいない話

家は住む人そのもの

今日は鎌倉のMさんのお宅にお招きいただきました。
彼女は古くからのアロマのお客様であり、お友達であり、お母さんとして最も尊敬する方です。
二人の息子さんは それぞれ 夢や道を見つけて 少年らしいキラキラした目をしています。
世間の波にのまれずに 子供の生き方を尊重する母としての強さと優しさをもつ方です。
そしてお家がすばらしく気持ちのよい空間でした。
テレビCMや広告の撮影に何度も使われたそうです。
そうは言っても派手さは全くなくて、
とてもシンプルかつ機能的で飾らない空間でした。
それは彼女の生き方そのもので、
世間体や見栄がいかに意味のないことかを、彼女の子育てとこのお家から感じた1日でした。
自分の心に正直なMさんは、子供の心にも真っ直ぐに向かっているように見えました。

シンプルな美のブレンド
グリーンと白を連想させる香り

クラリセージ:澄んだ瞳
ミルラ:乾かす・他を引き立てる
グレープフルーツ:メリハリのある

e0129339_21481358.jpg

あっ 娘が散らかした積み木が・・・(汗)
e0129339_21481324.jpg

ご実家をリフォームした際、動かせなかったという柱がなんともいいフォルムをかもし出し・・・。
e0129339_21481364.jpg

ランチの前菜。女の魅力は、やはり料理で量られる?素晴らしく美味しいお料理でした。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-05-23 21:48 | たわいない話

終わりは始まり・・・

e0129339_2348217.jpg

以前ブログで紹介した魔女のお花屋さんが閉店することになりました。
私が好きなお店は何故か閉店してしまうところが多くて(汗)そういえば 茅ヶ崎のカフェ・ミディアムも昨年閉店。鎌倉の洋服屋さんランズ&ティッピーも今年で閉店。学生時代に夏は良く通った由比ヶ浜のレストラン・サンマリオももうすぐ閉店するとの知らせを受けました。
私は疫病神なのかと一瞬焦りましたが…
たぶん みんな 共通するところは強くて自由な人なんだろうなと。
そして 中途半端にはやれないのかな。
世間では 継続することが美徳といわれるけれど、
目標がそこになくなった時には 潔く 何かをやめることは 自由なんだと感じました。
変化には恐怖や寂しさなどつきものだけれど それを受け入れる強さのある人が好きです。
そんな 人たちだから 閉店しても またどこかで何かに 同じパワーを注いでいることを 信じて、またいつか巡り合うことを願っています。

~変化を受け入れる精油のブレンド~
華やかでいて、芯の通った香りになりました。ファンファーレが聞こえてきそう♪
ミルラ:発展する場所に縁のある精油
ジャスミン:積極的な自信をつける
ラベンダー:過去を洗い流す
ユーカリ:先を見る力、目標に向かう力。

☆全然関係ない写真は今日のお昼ご飯 久しぶりにパンを焼いてみました♪
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-05-18 23:48 | たわいない話

写真展

e0129339_2319724.jpg

由比ヶ浜のハンモックやさんで、友人が写真展をやるというので行って来ました。
場所がハンモック屋さんというところにも興味がそそられるでしょ。
彼女の世界感は とても共感できるもので
時に、優しくて、厳しくて、寂しくて、 温かくて、とにかく素直で気持ちの良い作品でした。
彼女が作った雑誌のような本を購入しました。
媒体は違うけれど、同じようなことを表現しているんだと、なんだか 心の奥そこが震えました。
”人には役割が平等にあって、それを積み重ねていくことが平和に繋がる…”彼女の言葉です。
役割は人生を輝かせるものだし、時にはウンザリするような時もあります。
どっちも受け入れてうまく操作できるようになることが大人になることなんだって思います。
大人は育ててもらった人びとや自然にお返しをして、それを育んで行かなくてはならないと潔く感じた1日でした。
ああちゃん ありがとうございました。

ちなみにハンモックは超気持ちよかったです。娘はゆられながらまったりしていました♪

5月9日~11日まで開催しています。
詳しくはハンモック屋さんのHPをご覧ください
http://www.bornfreeworks.com/index.html
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-05-09 23:24 | たわいない話

最近はまってます

e0129339_22233347.jpg

短い文章や詩を書くことは意外と好きです。
ことばを削ったり入れ替えたりする作業がなんとも楽しく奥深さを感じるので。
短い文章の奥深さは行間にあるように思います。
読み手に考えたり感じたりするが心地よい文章や詩が好きです♪

小さな子どもの絵本は、まさに詩的
とても少ないことばですが、感情にをたてます。
ことばを感じ、絵から想像する「間」を与えてくれる文章に、わたしもどんどん惹き付けられてしまいます。

子どもと一緒だと、絵本を本屋で吟味するのはなかなか難しいのです。
なので最近青山のクレヨンハウスから毎月選書して送られてくるコースに入会しました。来月から楽しみですo(^-^)o
これは最近買った絵本で、どうぶつに服を着せると困ったことになる・・・という内容の絵本。
このペットブームにちょっとシュールな選書をしたのは私です♪
が、毛抜けの時期だけは、頼むから服を着て欲しいわ~(汗) うちの日本犬は絶対に着ませんけど。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-04-30 22:42 | たわいない話