<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良いお年を…。

e0129339_1620794.jpg

今年も残すところあと数時間となりました。
年末は 助産院で流行していたノロウイルスに感染して クリスマスから解毒の日々でした(汗)
ウイルスは 心身の滞りを好んで 感染するから、結構無理したり わだかまりがあったりしたんだなぁと一年を振り返りました。
子供との日々は楽しくて 豊かな時間だけれど、譲って、我慢して、欲を飲み込むこともしばしばです。
そんな バランスをとったのかなぁ なんて思いました。
あとは新し仕事への緊張もきっとあったんだろうなぁ…。


今日はひさびさに 近くのカフェでランチを食べました。
アボガドとチキンのチリコンカントリティーヤです。めちゃくちゃ美味しかった~♪
なんか 物凄い色んな欲が満たされた気分♪

さて、今年1年こんなにたわいもなく、そして気まぐれなブログを見て下さってありがとうございました。
そして、つたない活動を 応援してくださって 本当にありがとうございました。


来年も、みなさんが健康で 素敵な年になりますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-31 16:20

基礎クラスの募集について

基礎クラスにご興味を持ってくださってありがとうございます。

ただ今、教室へのご参加は、ご紹介の方のみとさせていただいております。
なお、助産院のお客様、トリートメントのお客様はもちろんご紹介の方にふくまれます。

現在のクラスは、個人レッスン形式で、場合によっては何名かご一緒に行っております。
募集等のお問い合わせは随時メールにて受け付けております。

ブログを通じて、ご興味をもってくださった方にお断りするのは不本意ではありますが、いつかは、いろんな方にご参加いただけるような教室に育てていきたいと思っております。
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

mamimi_aroma 中田真世

いつかお目にかかれますように・・・。看板犬タントより。
e0129339_17372113.jpg



現在、上記のようなお教室は開催しておりません。ワークショップなど小さなクラスをf不定期にやっております。よろしければお問い合わせください。2011年5月
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-18 17:37 | Class

雨の日の楽しみに方

e0129339_23163368.jpg

e0129339_23163331.jpg

今日は朝から雨。
ショッピングセンターにでも行こうかと思ったら、お財布にお札が無いことが判明し(汗)、腹をくくっておうちで遊ぶことに。
おやつには娘とホットケーキ作りを♪
娘もしろくまちゃんの真似をしてお手伝いしてくれました。
焼けた側から食べ続け、かなり満腹なおやつでした。
明日はどうかハレマスヨウニ! 母は願うばかり…。
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-14 23:16 | たわいない話

続報 アロマとホメオのタッグ!!

ホメオパシーは思いのほかみんな興味があってびっくりしました!
その後ですが・・・
娘の熱は一日で下がって、その後、咳へと移りました。

咳は自然療法の視点からは、肉体的には異物や痰の排泄。心理的には感情の抑圧や迷いと関係していると考えます。
娘には精油とレメディーの両方で対処しました。
精油では、サンダルウッド・ローズなどが、心理的寄りな咳に良いです。
サンダルウッドは、心身を社会の雑踏から遠ざけ、自分と向き合う静かな時間を与える精油です。
ローズは、心の傷を癒し、体を滋養、循環させる精油です。この二つは季節の変わり目のアレルギー性の咳などにとてもよいです。

娘は、明け方に咳が悪化するパターンが2日続きました。
まずは、精油をホホバオイルで希釈して胸元、背中に塗布し、
ホメオパシーのレメディー(薬):アンチモニュームタータリカムを一粒口へ含ませました。
このレメディーは鉱物が原料で、症状が横になると悪化し、酸っぱいものを好む場合に合うもので、症状が左側に出ることも特徴とのこと。
娘が最近みかんを続けて3つ食べることや、左足の肺の経絡に湿疹が出ていることなど、思い当たるふしもあり試してみました。
これが又、テキメンに咳が止まり驚きです!!
ちなみに、咳によく使う精油はユーカリですが、ユーカリはレメディーの効果を消してしまう代表的な精油なので、併用はできません。

家族の健康を守ると言う意味では、
私も こうやって少しずつお母さんらしくなって来たかな~♪
あっ たまには一生懸命働くパパにも目を向けないとね(汗)
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-12 22:59 | たわいない話

ホメオパシーにはまりそう!

e0129339_23422434.jpg

ずっと気になっていたホメオパシー。
でも、長年仕事で精油を沢山使う毎日だったので、なかなか手が出せませんでした。

ホメオパシーは同種療法のこと。
毒には毒を・・・という考えの下、植物や鉱物の成分を希釈したものを砂糖の塊にしみ込ませ、摂取するものです。
熱があるときは熱を上げる作用のモノを使い、毒だしには毒を使い、自己治癒力を活性化し症状を好転させる自然療法です。肉体~精神すべてに働きます。

基本的には、精油との併用が出来ず、保存も精油と離して保存しなければなりません。理由は精油が微細なホメオパシーのレメディー(薬)の効果を消してしまうから。
なので、一年じゅう血液中に精油がグルグルまわっていた私は使えなかったのです。

ヨーロッパではポピュラーな自然療法ですが、日本ではここ数年、女優のともさかりえさんが使っているとかで、だんだん普及してきました。

今日茅ヶ崎にお住まいのホメオパスさん(ホマオパシー専門家)から、レメディーの基本キッドを購入する日でした。
タイミングよく?娘が昨夜から熱を出していたので、ホメオパスさんに相談すると、風邪症状のレメディーの中から「ポースティーラー」を勧めてくださいました。

これが又すごく娘に合っていて驚きです。
そのレメディーについて調べると、甘えん坊でお目目のパッチリした子に適していて、その子が自立に向かう際に助けになるものみたいです。
例えば、子供は保育園や幼稚園に行き始めると、はじめは風邪を引きやすくなりますが、
それは、子供同士がウイルスをもらうからだけでなく、子供が母親から離れる際の自立に向かう準備を心と体がしているとのことです。

娘はちょうど先週から卒乳しました。でも妙に聴き訳がよくて、親も拍子抜けしていたところ、
やはり、彼女の心身は一杯一杯だった様子。
その反応が風邪として出たみたいです。
そのレメディーを飲むと、ほとんど口にしなかったおっぱいの話をしだしたり、甘え方もストレートになりました。そして熱は安定しています。

この風邪の後は一回り大きくなるのかな。
病気はそのときは悪者だけれど、成長させてくれるものなんだと改めて思いました。


購入先:http://www.homoeopathy.co.jp/index.html
[PR]
by mamimi_aroma | 2008-12-05 23:42 | たわいない話